| 花窯 | Hana Gama | 花岡 隆 | Yutaka Hanaoka | オフィシャルホームページ |

「花岡隆 展」

2019年10月23日(水)~10月31日(木)

『 花田 』

〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-5 九段ビル2階
Tel:03-3262-0669
午前10時30分~午後7時
(会期中無休)

「 花岡 隆 展 」

2019年7月13日(土)~

『 Cloth & Cross / クロス&クロス 』

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-14-11
Tel.03-6421-3086
営業時間 11:00~20:00

「 花岡 隆 陶展 」

2018年4月19日(金)~4月23日(火)

『 桃居 』

〒106-0031 東京都港区西麻布2-25-13
TEL 03-3797-4494
営業時間 11:00~19:00
(最終日は17:00まで)
会期中無休

今から40年程前、私が窯を修善寺の山奥に築いて間もないころ
其の頃人影まばらな青山骨董街の朝鮮骨董店で李朝中期の飴釉の面取り壺に出会いました。
民具とはいえ品のあるたたずまいと小気味よく切られた面に魅せられました。
当時、食うのもままならない貧乏暮らしでしたが、何度かその店に通ううちに手に入れることとなりました。
傷ものでしたが私には高価な買い物でした。
毎日毎日その壺を眺めて撫でて抱いて幸せな時間を過ごしました。
これが私の焼き物の原点だと最近気付きました。私の面取り湯飲みはこの頃うまれました。
当時面取りは絵付けの下地作りの平らな面を作る以外の何物でもありませんでしたが
私は敢えて絵付けはしませんでした。
今、焼き物で生活できるようになり、また多くの情報にさらされる時代となり
自らのモノづくりの原点を省みて、面取りの仕事にもう一度向かい合ってみようと思ってます。

だいぶ前の話しですが、旅先の寺の境内で開催されていた手作り市に 野鍛治が店を開いていました。
当時 湯飲みの面を取る切り出しが調子悪く困っていたので切り出しや包丁を手に取って選んでいたら
その屋鍛冶の青年が
「お客さんは何をやっている方ですか?」
と 尋ねられました。
粘土を切ると言ったら失礼かと思いましたが 素直にお話しすると
「刃物を選ぶのにさっきを感じたので失礼しました」
と言われました。
面取りは粘土との出会い 刃物との出会い そして私に感性を与えてくれる多くの表現との出会い
これらから生み出されるものと思っております。

                        花岡隆

That was about forty years ago, soon after I had built a kiln in the heart of a
mountain of Shuzenji.
I had encountered a MENTORI (cutting out flat faces) pot with amber colored
glaze, which was made in the middle of the Lee dynasty era, at a Korean curio
shop on Aoyama antique street which had a little traffic in those days.
It was a living commodity though, I was enchanted with the graceful look and
the neatly cut out faces of the pot.
I was in poverty in those days and not easy even having foods, however while
visiting that shop again and again, it was fallen into my possession.
That was, a flaw item though, valuable shopping for me.

I had passed mercy time day after day, through contemplating, touching and
embracing the pot.
I have recently realized that was basics of my pottery.
My MENTORI tea cups were brought forth around that time.

In those days, MENTORI was thought nothing more than ground works to
provide flat faces for painting, however I had dared to leave faces unpainted.
Now, I made enough to live on with pottery, and in the time when one is
exposed to a large number of information, I would face up to my works of
MENTORI again, looking back on my basics of producing an object.

It is a story of reasonably long before.
At a private market held in the precinct of a temple visiting on a journey, a local
blacksmith had set up a stall.
At that time, I was in trouble as my cutting tools to cut out flat faces of tea cups
did not work well.

Yutaka Hanaoka