アハメドくんのいのちのリレー 鎌田 實 著

昨日友人のイラストレターの安藤俊彦氏から一冊の絵本が届きました。安藤夫妻は何時も展覧会に顔を出してくれる素敵なカップルです。著者は社会活動で有名な医師 鎌田實氏で実際にパレスチナで起こった悲劇を題材にしたノンフェクションです。イスラエルの狙撃兵に頭を撃たれ脳死になってしまったパレスチナ人の12歳の少年の臓器が敵対するイスラエルの子供に移植される話です。とても重い題材ですが 安藤氏のイラストが随所にちりばめられている小学校高学年向きの絵本ですが 勿論誰が読んでも深く考えさせられる話です。ピーターバラカン氏が英訳をして併記されています。コンサートでよくお見かけする音楽評論家ですが最近は音楽を越えた活動もされているようです。土曜日朝7時20分からNHKFMで放送しているウイークエンドサンシャインは毎週楽しみに愛聴しております。とても良い本です。集英社から刊行されていますのできっと本屋さんに並んでいると思いますので ぜひ手にとって見てください。安藤俊彦氏もこの本を契機に大きく羽ばたきそうな楽しみな予感がします。